カナダ・バンクーバー留学の1ヶ月の生活費はいくら?【2023年】

「カナダ留学1ヶ月の生活費は?」のキャッチ画像。

こんにちは、カナダのバンクーバーにコープ(Co-op〉留学中のたけとです。今回のテーマは、カナダ・バンクーバー留学の1ヶ月の生活費について!

カナダのバンクーバーに留学を考えているけれど、生活費は1ヶ月にどれくらいかかるの?と疑問に思っている方はいないでしょうか?

そんな方に向けて、バンクーバーでの1ヶ月間の生活費について説明しつつ、私の実際に使った1ヶ月分の生活費も公開したいと思います。

今回の記事は、

カナダ・バンクーバーへの留学に興味を持っている方

カナダ・バンクーバー留学の生活費について知りたい方

におすすめの記事となっています。

目次

カナダ・バンクーバー留学で必要な生活費の内訳

カナダ・バンクーバーのカナダプレイスから見た海と手袋の写真。

まず、バンクーバーで生活する上でどんな生活費が必要になるのか説明します!

生活費の内訳
  • 家賃(+水道高熱費)
  • 食費
  • 交通費
  • 通信費
  • 趣味娯楽・交際費
  • その他

一般的な生活費の内訳はこんなかんじでしょう。

ここで、水道光熱費は家賃に含めています。なぜなら、バンクーバーでは家賃に水道光熱費が含まれていることが多いからです。

それでは、それぞれの費用が1ヶ月でどれくらいになるのか見ていきましょう。

カナダ・バンクーバー留学の一般的な生活費の額

生活費を電卓を使って計算している写真。

生活費① 家賃(➕水道光熱費) 月に8万〜11万 (CAD$800〜$1100)

カナダ・バンクーバー留学において最も高い生活費は家賃です。実際、私の周りの留学生のほとんどが月に家賃を900ドル以上支払っています。

また、これは日本に馴染みのあるアパートの1室の値段ではありません。ホームステイまたはシェアハウスの一部屋が8万〜11万するのです。

そして、ホームステイやシェアハウスではバスルーム、キッチンなどは共有スペースになります。

実は、近年のカナダ、特にバンクーバーでは家賃が急激に上昇しているのです。そのため、手頃な家賃の物件を探すのはどんどん難しくなっています。

実際、3食付きのホームステイの方がシェアハウスより結局安いという話もよく聞きます。

バンクーバーに来てすぐは土地勘がないと思うので、最低でも初めの二ヶ月くらいはホームステイをおすすめします。そして、ホームステイの期間中にシェアハウスを探すのがベストです。

生活費② 食費 月に1万〜4万 (CAD$200〜500)

ここでは目安で1万〜4万と上げていますが、食費に関しては人それぞれです。そして、物価の高いバンクーバーですが、スーパーの食品の値段は日本より少し高い程度です。そのため、自炊をメインでしている人の食費は日本にいる時とそれほど変わりません。

ただ、外食に関してはバンクーバーは日本よりかなり高いです。例えファストフードでも1000円以上はかかります。

そして、レストランのフードやドリンクメニューの値段は体感で日本の1.5倍です。また、カナダにはチップを払う文化があるので、会計の15%ほどを追加でチップとして払うことが一般的です。

そのため、外食をすればするほど食費はどんどん高くなってしまいます。個人的には、いかに外食減らせるかが生活費削減のためには重要だと思っています。

生活費③ 交通費 月に1万〜1万4千円 (CAD$100〜140)

交通費に関しても厳密に言うと、どの地区に住むかによって変わります。

バンクーバーで語学学校やカレッジに通う場合は学校のほとんどがダウンタウンにあるので、ダウンタウン内に住む場合は交通費はほとんどかからないでしょう。

そして、ダウンタウン外に住むと交通費は1ヶ月間で1万〜1万4千円になります。ただ、ダウンタウン内の物件は家賃が高いので、ダウンタウン外に住んでいる留学生の方が多いです。

生活費④ 通信費 月に5000円〜7000円 (CAD$50〜70)

携帯会社やプランにもよりますが、5〜10Gのプランを5000〜7000円で使っている留学生が多い印象です。そして、留学生には携帯を現地で契約する方と、日本で契約してから渡航する方がいます。

ただ、私の体感では現地で携帯の契約をするよりも、日本にいる間にカナダで使えるE-SIMの契約をした方がコスパが良いと思います。

実際、私は毎月5000円の通信費で約25Gも使えているのです。これについては、私の具体的な費用の部分で説明します。

生活費⑤ 趣味・交際費 月に1万〜4万(CAD$100〜400)

やはり、この部分の費用は人によって大きく異なります。そして、特に友達との外食、飲酒の頻度によって変わる印象です。

先ほどお話ししたように、バンクーバーでの外食は非常に高いので友達とご飯に行くと5000円くらいかかることもあります。そのため、頻繁に友達と外食していると月3万くらいは簡単に超えてしまうでしょう。

ただ、もちろん留学に来ているのだから友達との交流は欠かせません。結論、外食する機会をお財布と相談しながら自分で選ぶことが大切かなと思います。

その他 月に約5000円(CAD$50)

上記以外にも、ヘアカット代や日用品(トイレットペーパー、洗剤など)といったもので、だいたい5000円くらいはかかります。

ただ、これは毎月必要なわけではないので月によってまちまちです。

カナダ・バンクーバー留学での私の1ヶ月の生活費を公開

生活費についての家計簿をつけている。

ここからは、実際に私の5月の1ヶ月分の生活費を紹介していきます。カナダ・バンクーバー留学を考えている方はだいたいの生活費の参考にしてみてください。

生活費① 家賃(➕水道光熱費) 月に10万 (CAD$980)

私はダウンタウン外のシェアハウスに住んでいますが、家賃は月にカナダドルで$980です。ちなみに、この家賃は友達と比べても比較的高いほうかなと感じています。

実際、シェアハウスを探した時にかなり急いでいたので、家賃は高かったですが入居を決めました。ただ、チャンスがあればもう少し家賃が安い物件に引っ越したいなと考えています。

生活費② 食費 2万(CAD$150)

食費は月によっても多少変わりますが、だいたい2万円〜2万5千円くらいです。そのため、この部分は他の留学生と比べても安く抑えられているのかなと思います。

ただ、特に食事の量を抑えているというわけではありません。1人で外食する回数を減らして、自炊する回数を増やすと食費はかなり節約できます。

また、バンクーバーには格安のスーパーがあるので、そこで1週間分くらいをまとめ買いすることをおすすめします。

生活費③ 交通費 1万円(CAD$100)

バンクーバーはZONE1〜3の区間に分割されていて、その区間によって定期券の値段が多少変化してきます。

私はダウンタウンからバスまたは電車で20分くらいのシェアハウスに住んでいますが、ZONE1なので定期代は月に約1万円です。だいたい、ZONE2で月に約1万3000円ZONE3で月に約1万5000円となります。

もし、バンクーバーの区間や使われている定期券について詳しく知りたい方は、カナダジャーナルさんのこちらのサイトを参考にしてみてください。

生活費④ 通信費 5000円(CAD$50)

先ほども少し触れましたが、私の契約しているプランは1ヶ月で25G使えて5000円です。

周りの留学生は月に5000円で5Gくらいなので、かなり良いプランかなと思います。ちなみに、私の契約している会社はPHONEBOXという会社で、出国する前に留学エージェントの紹介で契約しました。

実は、その時にPHONEBOXがキャンペーンをしていたので安く契約できたのです。定期的に同じようなキャンペーンをしているようなので、覗いてみるといいかもしれません。

実際、私は25Gのプランに加入していますが毎月15G以上は使っているので、最低でも10Gはほしいかなと思います。

海外用SIMカードのような日本で準備しておいた方がいい持ち物についてはこちらの記事で紹介しています。

他にもカナダ留学の持ち物についての記事を書いています。

生活費⑤ 趣味・交際費  2万円 (CAD$200) 

この部分は本当に月によっても変わってくるのですが、5月は約2万円でした。

内訳としては、友達との外食4回学校のアクティビティに2回くらい行きました。ただ、他の都市やアメリカなどに旅行する際は、10万ほどになってきます。

その他 3500円 (CAD$35)

今月上記以外で使ったのは、ヘアカット代の3500円だけでした。ちなみに、美容院の値段も日本の1.5倍くらいなので、毎回痛い出費です笑

カナダ留学 5月の生活費 約16万円

内訳には含まなかった端数などを含めると、5月の生活費はこちらの額になりました。こう見ると、生活費のほとんどを家賃が占めているとわかります笑

そのため、どれだけ安くて環境の良いシェアハウスを見つけられるかは重要です。

ただ、食費に関しては結構節約できているなと感じています。また食費の節約方法についても後に記事を書くつもりなので乞うご期待!

まとめ: カナダ・バンクーバー留学の1ヶ月の生活費 約15万

ここまで、いかがだったでしょうか?

今回は、カナダ・バンクーバー留学の1ヶ月の生活費についてご紹介しました。

周りの留学生を見ていていも、月に生活費は15万前後かかっているなという印象です。ただ、食費などのように自分次第で節約できる部分も結構あるなと思います。

また、カナダのバンクーバーでCoop留学を考えている方は、事前学習についてのこちらの記事も参考にしてみてください。

また、社会人の方でカナダ留学を考えている際は、こちらのトミーさんのブログが大変参考になるのでぜひチェックしてみてください!

今回はこれで以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

「カナダ留学1ヶ月の生活費は?」のキャッチ画像。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生のカナダチョイスの運営者 

神戸大学経営学部を3年次後期から休学し、カナダのバンクーバーでCo-op留学に挑戦中の23歳

1年浪人していたので休学する決断は非常に難しかったですが、今は留学して本当に良かったと感じています!

大学生の方で、海外留学したいけれどなかなか一歩が踏み出せない、もう留学行くのは遅いのでは、と思っている方の後押しになればと思いこのブログを始めました!

コメント

コメント一覧 (1件)

目次